サービスケーブルによる接続 - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

USB サービスケーブルには、サービスポート用 4 ピン M8 コネクタがあります。サービスケーブルを接続して、デバイスの設定を確認および変更します。変更を行う場合は、ヴァイサラ構成ツールまたは標準の PC ターミナルプログラムを使用してください。

図 1. サービスケーブルの接続

USB サービスケーブルは、サービスパック 2 に含まれています。

USB サービスケーブルをサービスコネクタと PC の USB ポートの間に接続すると、サービスポートの設定が自動的かつ強制的に RS-232/19,200、8、N、1 になり、ネジ端子および M12 コネクタのメインシリアルポートが無効になります。

  1. USB サービスケーブルを使用して、PC の USB ポートと変換器の底面にある M8 サービスポートコネクタの間の接続を確立します。
  2. ヴァイサラ構成ツールまたはターミナルプログラムを開きます。
  3. USB ケーブル用に予約された COM ポートを選択し、次の初期通信設定を選択します。
    19200, 8, N, 1.
  4. 変更を行う場合は、ヴァイサラ構成ツールまたはターミナルプログラムを使用してください。
  5. サービスケーブルを取り外すときには、変換器を支えながら、サービスポートの 4 ピン M8 コネクタを引き抜きます。
    しっかり接続されているため、引くときに力を入れすぎると、変換器の方向がずれることがあります。

シリアルインターフェース/通信プロトコル/ボー設定の変更は、サービスケーブルを取り外すか、変換器をリセットすると反映されます。

サービス接続中にこれらの設定を変更しなかった場合、サービスケーブルをいずれか一方の側から取り外すと、元のメインポート設定(M12 およびネジ端子)に戻ります。