設定の変更(aWU) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

以下の設定を変更することができます。

  • 風向風速データメッセージに含まれるパラメータ
  • 更新間隔
  • 平均化時間
  • 風速最大/最小計算モード
  • 速度の単位
  • 風向オフセット
  • NMEA 風向風速書式指定パラメータ

以下のコマンドを使用して設定を変更します。

ASCII および NMEA 0183 でのコマンド書式:

aWU,R=x,I=x,A=x,G=x,U=x,D=x,N=x,F=x<cr><lf>

SDI-12 でのコマンド書式:

aXWU, R=x,I=x,A=x,G=x,U=x,D=x,N=x,F=x!
R, I, A, G, U, D, N, F 風向風速計設定フィールド。
x 設定値
<cr><lf> ASCII および NMEA 0183 でのコマンド終端文字列
! SDI-12 でのコマンド終端文字列
平均化時間([A])が更新間隔([I])より長い場合、平均化時間は更新間隔の倍数で、最大 12 倍になります。例:I = 5 秒の場合、Amax = 60 秒となります。

例(ASCII および NMEA 0183、デバイスアドレス 0):

風向風速データおよび複合データメッセージの両方について、60 秒ごとに 20 秒間の風向風速平均化時間を設定します。風速の単位をノットに、風向オフセットを +10° に変更します。

計測間隔を 60 秒間に変更:

0WU,I=60<cr><lf>

0WU,I=60<cr><lf>
コマンドの長さが 32 文字を超えない限り、同じコマンドで複数のパラメータを変更することができます。

平均化時間を 20 秒間に、風速の単位をノットに、また風向オフセットを +10° に変更:

0WU,A=20,U=N,D=10<cr><lf>

0WU,A=20,U=N,D=10<cr><lf>

風向風速パラメータの選択を変更:

0WU,R=0100100001001000<cr><lf>

0WU,R=01001000&00100100<cr><lf>
コマンドで'&'を使用することはできません。

上記の変更後の風向風速メッセージ応答:

0R1<cr><lf>

0R1,Dm=268D,Sm=1.8N<cr><lf>

例(SDI-12、デバイスアドレス 0):

計測間隔を 10 秒間に変更:

0XWU,I=10!0<cr><lf>

SDI-12 モードでは、別のクエリーコマンド(0XWU!)を使用し、データを確認する必要があります。