通信プロトコル - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

変換器を適切に接続して電源を入れたら、データ転送を開始することができます。

表 1. 利用可能なシリアル通信プロトコル
シリアルインターフェース 利用可能な通信プロトコル
RS-232

ASCII(自動およびポーリング)

NMEA 0183 v 3.0(自動およびクエリー)

SDI-12 v 1.3 および SDI-12 v 1.3(連続計測)

RS-485

ASCII(自動およびポーリング)

Modbus RTU

NMEA 0183 v 3.0(自動およびクエリー)

SDI-12 v 1.3 および SDI-12 v 1.3(連続計測)

RS-422

ASCII(自動およびポーリング)

NMEA 0183 v 3.0(自動およびクエリー)

SDI-12 v 1.3 および SDI-12 v 1.3(連続計測)

SDI-12 SDI-12 v 1.3 および SDI-12 v 1.3(連続計測)

通信プロトコルは、注文時に選択します。通信設定を確認する方法や、プロトコルなどの通信設定を表示または変更する方法については、以下の項を参照してください。

標準の PC で RS-485 および RS-422 インターフェースに直接アクセスするにはコンバーターが必要です。
RS-232 および SDI-12 には、標準の PC ターミナルで直接アクセスすることができます。SDI-12 の場合は、データ入出力ラインは変換器内部で連結されていません。