風向風速のクエリー(MWV) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

MWV クエリーコマンドを使用すると、風向風速データを要求することができます。MWV クエリーを使用するには、風向風速計で NMEA 風向風速書式指定パラメータを W に設定する必要があります。

MWV コマンドでは、風向風速の平均値のみを問い合わせることができます。

コマンド:

$--WIQ,MWV*hh<cr><lf>
$ メッセージの開始
-- 要求側のデバイスの識別子
WI デバイスの種類の識別子(WI = 気象計測機器)
Q メッセージをクエリーとして定義
MWV 風向風速クエリーコマンド
* チェックサム区切り文字
hh クエリーコマンドの 2 文字のチェックサム
<cr><lf> コマンド終端文字列

応答:

$WIMWV,x.x,R,y.y,M,A*hh<cr><lf>
$ メッセージの開始
WI 応答側の機器の識別子(WI = 気象計測機器)
MWV 風向風速応答識別子
x.x 風向値1
R 風向単位(R = 相対)
y.y 風速値
M 風速単位(m/s)
A データステータス:A = 有効、V = 無効
* チェックサム区切り文字
hh 応答の 2 文字のチェックサム
<cr><lf> 応答の終端文字列

クエリーで入力するチェックサムは、デバイスの識別子の文字列によって異なります。WXT530 シリーズの変換器で正しいチェックサムを検索するには、$--WIQ,MWV コマンドの後に任意の 3 文字を入力します。

WIQ,MWVxxx<cr><lf>(xxx は任意の文字)コマンドを入力すると、変換器は以下のように応答します。

$WITXT,01,01,08,Use chksum 2F*72<cr><lf>

この例では、2F$--WIQ,MWV コマンドの正しいチェックサムであることがわかります。

$--WIQ,MWV*2F<cr><lf>

$WIMWV,282,R,0.1,M,A*37<cr><lf>

(風向角は 282 度、風速は 0.1m/s)

1 風向は、デバイスの南北の軸を基準とした方向です。計測された方向に対してオフセット値を設定することができます。詳細については、第 8 章を参照してください。