設定フィールド - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書
パラメータ 説明
a デバイスアドレス
XU ASCII および NMEA 0183 でのデバイス設定コマンド
XXU SDI-12 でのデバイス設定コマンド
[A] アドレス:0(初期設定)~9、A~Z、a~z
[M] 通信プロトコル:
A = ASCII、自動
a = ASCII、自動、CRC 付き
P = ASCII、ポーリング
p = ASCII、ポーリング、CRC 付き
N = NMEA 0183 v3.0、自動
Q = NMEA 0183 v3.0、クエリー(= ポーリング)
M = Modbus RTU
S = SDI-12 v1.3
R = SDI-12 v1.3 連続計測
[T] テストパラメータ(テストにのみ使用)
[C] シリアルインターフェース:
1 = SDI-12
2 = RS-232
3 = RS-485
4 = RS-422
[I] 複合データメッセージの自動繰り返し間隔:1~3,600 秒、0 = 自動繰り返しなし
[B] ボーレート:1200, 2400, 4800, 9600, 19200, 38400, 57600, 115200
[D] データビット:7/8
[P] パリティ:
O = 奇数
E = 偶数
N = なし
[S] ストップビット:1/2
[L] RS-485 ラインの遅延:0~10000 ミリ秒。クエリーの最後の文字から変換器からの応答メッセージの最初の文字までの遅延を定義します。遅延中、変換器は無効になります。ASCII(ポーリング)および NMEA 0183 クエリープロトコルで有効です。RS-485 が選択されている場合(C = 3 の場合)に有効です。
[N] デバイスの名前:WXT530(読み取り専用)
[V] ソフトウェアバージョン:1.00 など(読み取り専用)
[H] パラメータロック
0 = パラメータを変更できます。
1 = パラメータがロックされます。ヴァイサラでは、設定した後に、このパラメータを 1 に設定することをお勧めしています。これにより、誤って変更されないようにすることができます。たとえば、RS-485 などで、干渉がある場合に使用します。
[O]1 Modbus アドレス:1 = 初期設定、使用可能なアドレス ID 1~247。
<cr><lf> 応答の終端文字列

SDI-12 v1.3 標準の機能を提供するために、2 つの SDI-12 モードが用意されています。

ネイティブ SDI-12 モード(aXU,M=S)では、要求された場合にのみ計測およびデータ出力が行われるため、消費電力を最小に抑えることができます。

連続 SDI-12 モード(aXU,M=R)では、ユーザーによって設定された更新間隔で内部で計測が行われます。要求に応じてデータが出力されます。

例(ASCII および NMEA 0183、デバイスアドレス 0):
0XU<cr><lf>
0XU,A=0,M=P,T=0,C=2,I=0,B=19200,D=8,P=N,S=1,L=25, N=WXT530,V=1.0,H=0,O=1<cr><lf>
例(SDI-12、デバイスアドレス 0):
0XXU!0XXU,A=0,M=S,T=0,C=1,I=0,B=1200,D=7,P=E,S=1,L=25, N=WXT530,V=1.0,H=0,O=1<cr><lf>
1 文字「O」