ASCII クエリーコマンド付きの NMEA 0183 v 3.0 クエリー - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

ASCII クエリーコマンド(aR1aR2aR3aR5aRaR0)だけでなく、これらの CRC バージョン(ar1ar2ar3ar5arar0)も NMEA 0183 プロトコルで使用できます。それらのコマンドの応答は標準 NMEA 0183 書式になり、変換器に異なるアドレスが割り当てられます(例:aXU,A=0,1,2,...)。RS-485 ラインの遅延は必要ありません。

例(3 台の変換器が接続されたバス、結合データメッセージクエリーコマンドによるデータの要求、メッセージパラメータ構成は前の例と同じ):

WXT530 #1 通信設定:

0XU,A=0,M=Q,C=3,I=0,B=4800,D=8,P=N,S=1,L=25
WXT530 #2 通信設定:
 0XU,A=1,M=Q,C=3,I=0,B=4800,D=8,P=N,S=1,L=25

WXT530 #3 通信設定:

0XU,A=2,M=Q,C=3,I=0,B=4800,D=8,P=N,S=1,L=25

WXT530 #1 に対するクエリーと応答:

0R<cr><lf>

$WIXDR,A,316,D,0,A,326,D,1,A,330,D,2,S,0.1,M,0,S,0.1,M,1,S,0.1, M,2*57<cr><lf>

$WIXDR,C,24.0,C,0,C,25.2,C,1,H,47.4,P,0,P,1010.1,H, 0*54<cr><lf>

$WIXDR,V,0.000,I,0,Z,10,s,0,R,0.01,I,0,V,0.0,M,1,Z,0,s,1,R,0.0,M, 1*51<cr><lf>

$WIXDR,C,25.8,C,2,U,10.7,N,0,U,10.9,V,1,U,3.360,V,2*7D<cr><lf>

WXT530 #2 に対するクエリーと応答:

1R<cr><lf>

$WIXDR,A,330,D,1,A,331,D,2,A,333,D,3,S,0.1,M,1,S,0.1,M,2,S,0.2, M,3*55<cr><lf>

$WIXDR,C,23.5,C,1,C,24.3,C,2,H,49.3,P,1,P,1010.1,H, 1*59<cr><lf>

$WIXDR,V,0.000,I,1,Z,0,s,1,R,0.00,I,1,V,0.0,M,2,Z,0,s,2,R,0.0,M, 2*67<cr><lf>

$WIXDR,C,25.8,C,3,U,10.6,N,1,U,10.9,V,1,U,3.362,V,2*78<cr><lf>

WXT530 #3 に対するクエリーと応答:

2R<cr><lf>

$WIXDR,A,341,D,2,A,347,D,3,A,357,D,4,S,0.1,M,2,S,0.2,M,3,S,0.2, M,4*53<cr><lf>

$WIXDR,C,23.5,C,2,C,24.3,C,3,H,49.3,P,2,P,1010.1,H, 2*5F<cr><lf>

$WIXDR,V,0.000,I,2,Z,0,s,2,R,0.00,I,2,V,0.0,M,3,Z,0,s,3,R,0.0,M, 3*61<cr><lf>

$WIXDR,C,25.8,C,4,U,10.6,N,2,U,10.9,V,2,U,3.360,V,3*7C<cr><lf>

必要に応じて、トランスデューサー ID を区別できるようにするために、前項で説明されているようにデバイスアドレス 0、4、8 を使用することができます。