温度センサの WXT536 への接続 - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

次の図は、温度センサ(PT100)を変換器に接続する方法を示しています。

図 1. 温度センサの WXT536 への接続
表 1. 温度センサの WXT536 への配線
センサの接続
ピン ピン機能
1

PTI+

PT1000 計測電流

電流供給

2

PT+

PT1000 入力 +

感知 +

3

PT-

PT1000 入力 -

感知 -

4

AGND

PT1000 の共通接地

5 -
6 -
7 -
8 -

センサケーブルの配線と WXT536 への接続が完了したら、ヴァイサラ構成ツールを使用してアナログ入力を構成できます。

構成ウィンドウを開くには、[Settings (設定) > Analog inputs (アナログ入力)]を選択します。

図 2. 温度センサの設定

[補助温度平均化時間]パラメータを設定します。

[補助温度平均化時間]パラメータは、TM-Pt1000 温度センサの計測平均化時間(秒)を定義します。更新間隔の期間内において、WXT536 が温度の平均を計算する時間範囲として定義されます。

次の図は、計測平均化における更新間隔(I)と平均化時間(A)を示しています。

図 3. 更新間隔と平均時間間隔

値を入力して[OK]を選択します。