aM、aC、および aD コマンドの例 - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

メッセージ内のパラメータの順序:

Wind (M1):Dn Dm Dx Sn Sm Sx

PTU (M2):Ta Tp Ua Pa

Rain (M3):Rc Rd Ri Hc Hd Hi Rp Hp

Supv (M5):Th Vh Vs Vr Id

Comp (M):風向風速、PTU、降雨、スーパーバイザー(上記の順序のパラメータ)

パラメータの順序は固定ですが、変換器を構成するときにパラメータをリストから除外することができます。

SDI-12 モード内のパラメータの順序:

Analog in (M4):Tr Ra Sl Rt Sr

すべての例でデバイスアドレスは 0 です。

例 1:

風向風速計測を開始し、データを要求する場合(メッセージでは 6 つのすべての風向風速パラメータが有効):

0M1!00036<cr><lf>

(3 秒後に 6 個のパラメータを計測可能)

0<cr><lf>

(計測完了)

0D0!0+339+018+030+0.1+0.1+0.1<cr><lf>

例 2:

気圧、湿度、および温度の同時計測を開始し、データを要求する場合:

0C2!000503<cr><lf>

(5 秒後に 3 個のパラメータを計測可能。aC コマンドの場合、計測完了を示すためにデバイスアドレスは送信されません)

0D0!0+23.6+29.5+1009.5<cr><lf>

例 3:

降水量計測を開始し、データを要求する場合:

0M3!00006<cr><lf>

(すぐに 6 個のパラメータを計測可能。デバイスアドレスは送信されません)

0D0!0+0.15+20+0.0+0.0+0+0.0<cr><lf>

例 4:

CRC によるスーパーバイザー計測を開始し、データを要求する場合:

0MC5!00014<cr><lf>

(1 秒後に 4 個のパラメータを計測可能)

0<cr><lf>

(計測完了)

0D0!0+34.3+10.5+10.7+3.366DpD<cr><lf>

例 5:

複合計測を開始し、データを要求します。9 個のパラメータが利用可能になるようにパラメータセットが構成されています。このため、計測開始コマンド(aM)を使用することができます。応答メッセージには 35 文字の制限があるため、aD0 は 6 個のパラメータのみを返します。残りのパラメータは aD1 で取得します。

0M!00059<cr><lf>

(5 秒後に 9 個のパラメータを計測可能)

0<cr><lf>

(計測完了)

0D0!0+340+0.1+23.7+27.9+1009.3+0.15<cr><lf>

0D1!0+0.0+0+0.0<cr><lf>

例 6:

複合計測を開始し、データを要求します。20 個のパラメータが利用可能になるようにパラメータセットが構成されています。このため、同時計測開始コマンド(aC)を使用します。応答メッセージには 75 文字の制限があるため、aD0 は 14 個のパラメータのみを返します。残りのパラメータは aD1 で取得します。

0C!000520<cr><lf>

(5 秒後に 20 個のパラメータを計測可能。aC コマンドの場合、計測完了を示すためにデバイスアドレスは送信されません)

0D0!0+069+079+084+0.1+0.6+1.1+21.1+21.7+32.0+1000.3+0.02+20+0.0+0.0<cr><lf>

0D1!0+0+0.0+1.3+0.0+0+77.1<cr><lf>