WXT530 用 Modbus RTU プロトコル - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書
WXT530 Modbus 通信は、Modbus Application Protocol Specification V1.1b3 に基づいています。
Modbus RTU は、ファームウェアバージョン 3.85 以降のヴァイサラ WXT530 シリーズウェザートランスミッターで使用できます。

Modbus 搭載の新しい WXT530 を注文する場合

RS-485 Modbus オプションを注文するには、注文コード WXT53XUXXXXXXXXXX を使用してください。

既存の WXT530 で Modbus を使用するには、「古い WXT530 での Modbus の使用」を参照してください。

ポート設定を変更するには、「ポート設定の変更」を参照してください。

WXT530 Modbus の初期設定

CLI は、ASCII、NMEA、SDI-12 などのコマンドラインインターフェースです。

ヴァイサラ WXT530 構成ツールは、CLI モードでのみ機能します。ヴァイサラ WXT530 構成ツールを使用するには、まず Modbus モードから CLI モードに変更します。「Modbus モードから CLI モードへの変更」を参照してください。

WXT530 搭載の Modbus を注文する場合、初期設定は次のとおりです。

表 1. WXT530 Modbus の初期設定
設定

WXT530 CLI モード

WXT530 Modbus モード

ユーザーポート ASCII ポーリング 1 Modbus RTU
サービスポート 2 RS-232 19,200、8、N、1 RS-232 19,200、8、N、1
アドレス(初期設定) 0 1
新しいアドレスを保持レジスター番号 10(0x0009)に入力することにより、WXT530 Modbus アドレスを変更できます。

CLI モードで Modbus アドレスを変更するには、「CLI モードでの Modbus アドレスの変更」を参照してください。

Modbus プロトコルを使用する場合は、次の点に注意してください。

ポーリング頻度は、対応する更新間隔を超えないようにする必要があります。たとえば、平均的な値としては 1 分です。

1 Modbus モードから CLI モードに移行する場合に適用します。
2 RS-232 19,200、8、N、1 は、すべての WXT530 通信インターフェースオプションの固定のサービスポート設定です。

ユーザーポートとサービスポートの並列使用はサポートされないことに注意してください。