WXT530 ファームウェアの更新 - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書
ファームウェアを更新する前に、WXT530 を CLI モードにする必要があります。CLI は、ASCII、NMEA、SDI-12 などのコマンドラインインターフェースです。Modbus モードではファームウェアの更新はできません。
  1. WXT530 サービスケーブルをコンピューターの USB ポートと WXT530 サービスコネクタに接続します。
  2. WXT530 が CLI モードになっていることを確認するには、Tera Term などのターミナルソフトウェアを、設定 19,200、8、N、1 で開き、?! コマンドを入力します。

    センサが CLI モードの場合、ターミナルプログラムにセンサアドレスが表示されます。

    または、ヴァイサラ WXT530 構成ツールを開きます。このツールと通信できる場合、WXT530 は CLI モードです。通信できない場合、Modbus モードから CLI モードへの変更を参照してください。
  3. WxtLoader.exe を起動します。
  4. シリアルポートの設定を変更するには、[Configuration (構成)]を選択します。
    • 使用中の COM ポートを選択します。
    • シリアルポートの設定(19,200、8 ビット、なし、1 ビット)を選択します。
  5. [Status (状態)]が[Connected to device (デバイスに接続済み)]の場合、[Upload (アップロード)]を選択します。

    [Upload status (アップロードの状態)]が 100% になると、ファームウェアの更新は完了です。

Modbus モードに変更するには、CLI モードから Modbus モードへの変更を参照してください。WXT530 が Modbus モードで起動すると、ターミナルソフトウェアとの通信ができなくなります。