データ送信コマンド(aD) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

このコマンドを使用すると、デバイスから計測データを要求することができます。

計測開始コマンドによって、利用可能なパラメータの数が指定されます。単一のメッセージに含めることができるパラメータの数は、データフィールドの文字数によって異なります。1 つの応答メッセージですべてのパラメータを取得できなかった場合は、すべてのデータが得られるまで、データ送信コマンドを繰り返します。

コマンド書式:

aDx!
a デバイスアドレス
D データ送信コマンド
x 連続するデータ送信コマンドの順序。最初のデータ送信コマンドを送信するときに x=0 になっていることを確認してください。すべてのパラメータが取得されなかった場合は、x=1 にして次のデータ送信コマンドを送信します。以降、同様の手順を繰り返します。x の最大値は 9 です。
! コマンド終端文字列

応答:

a+<data fields><cr><lf>
a デバイスアドレス
<data fields> '+'記号(パラメータ値がマイナスの場合は'-'記号)で区切られた、選択した単位で表された計測パラメータ
<cr><lf> 応答の終端文字列
aD0 コマンドを使用すると、aMaMCaC、または aCC コマンドで開始された実行中の計測を中断することもできます。
SDI-12 v1.3 連続計測モード(aXU,M=R)にすると、センサは設定した更新間隔で計測を行います。aMaMCaC, または aCC コマンドに続いて aD コマンドを送信すると、常に最後に更新されたデータが返されます。このため、aXU,M=R モードで aD コマンドを連続して送信した場合、コマンドとコマンドの間で値が更新されていると、異なるデータ文字列が返されることがあります。