計測開始コマンド(aM) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

このコマンドを使用すると、計測を行うようにデバイスに要求できます。計測データは、自動的に送信されません。データ送信コマンド(aD)を使用して、送信を要求する必要があります。

計測が完了するまで、ホストデバイスはバス上にある別のデバイスにコマンドを送信することができなくなります。

複数のデバイスが同じバスに接続されており、多数のデバイスから同時に計測を行う必要がある場合、同時計測開始コマンド(aC)または CRC 付きの同時計測開始コマンド(aCC)を使用します。

コマンド書式:

aMx!
a デバイスアドレス
M 計測開始コマンド
x 計測を行う目的のセンサ
1 = 風向風速
2 = 温度、湿度、気圧
3 = 降水
4 = アナログ入力
5 = スーバーバイザー
x を省略すると、結合データメッセージが参照されます。結合データメッセージは、1 つのコマンドで複数のセンサからデータを要求する場合に使用されます。
! コマンド終端文字列
アナログ入力計測の場合、計測完了時間は、aUI,AaIP,A の値(日射、超音波レベルセンサ、および補助温度の平均化時間)のいずれか大きい値です。

応答は、次の 2 つの部分に分割されて送信されます。

応答の 1 番目の部分:

atttn<cr><lf>

応答の 2 番目の部分(データを要求できるようになったことを示しています):

a<cr><lf>
a デバイスアドレス
ttt 計測が完了するまでの時間(秒)
n 利用可能な計測パラメータの数(最大 9 個)
<cr><lf> 応答の終端文字列
計測に 1 秒かからない場合、応答の 2 番目の部分は送信されません。このことは、降水量計測(aM3)の場合に当てはまります。
aM および aMC コマンドで計測できるパラメータの最大数は 9 です。それより多くのパラメータを計測する必要がある場合は、同時計測開始コマンド(aC および aCC)を使用します(その場合、計測できるパラメータの最大数は 20 です)。