設定の変更(aRU) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

以下の設定を変更することができます。

  • 降水データメッセージに含まれるパラメータ
  • 時間ベースの自動送信モードの更新間隔
  • 降雨量の単位
  • 降雹量の単位
  • 自動送信モード
  • カウンターのリセット
  • 累積降雨量限度値
  • 累積降雹量限度値

以下のコマンドを使用して目的の設定を行います。設定フィールドに正しい値/文字を選択します。

ASCII および NMEA 0183 でのコマンド書式:

aRU,R=x,I=x,U=x,S=x,M=x,Z=x,X=x,Y=x<cr><lf>

SDI-12 でのコマンド書式:

aXRU,R=x,I=x,U=x,S=x,M=x,Z=x,X=x,Y=x!
R, I, U, S, M, Z, X, Y 降水量センサ設定フィールド。
x 設定の入力値
<cr><lf> ASCII および NMEA 0183 でのコマンド終端文字列
! SDI-12 でのコマンド終端文字列

例(ASCII および NMEA 0183):

降水量の単位を帝国単位に変更:

0RU,U=I<cr><lf>

0RU,U=I<cr><lf>

自動送信モードを転倒枡モードに変更:

0RU,M=C<cr><lf>

0RU,M=C<cr><lf>

降雨量(Rc)および降雨強度(Ri)を降水メッセージおよび複合データメッセージの両方で使用可能にする:

0RU,R=1010000010100000<cr><lf>

0RU,R=10100000&10100000<cr><lf>
複合メッセージフィールドの詳細については、「複合データメッセージ(aR0)」を参照してください。

変更後の応答:

0R3<cr><lf>

0R3,Rc=0.00M,Ri=0.0M<cr><lf>

例(SDI-12、デバイスアドレス 0):

カウンターリセットモードを変更(降水カウンターをリセット):

0XRU,Z=M!0<cr><lf>