ヒーター機能 - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書
WXT536 WXT535 WXT534 WXT533 WXT532 WXT531
0°C を下回る温度でセンサを使用する場合は、内部ヒーターが搭載されたモデルを選択し、ヒーターを有効にして動作させるようにしてください。

ヒーター素子は、降水量センサの下側と風向風速トランスデューサーの内部に取り付けられており、センサに雪や氷が付着するのを防ぎます。降水量センサ底面に取り付けられた加熱温度(Th)センサによって加熱温度が制御されます。Th は機器の内部で計測されるため、周囲温度(Ta)よりかなり高くなることに注意してください。

ヒーター制御装置は、Th が +15°C に維持されるようにヒーター電力を調整します。ヒーター制御装置は、ヒーター電圧と Th に基づいてヒーター抵抗器に電流を流したり切ったりします。

表 1. ヒーター抵抗
変換器モデル Vh < 15V である場合のヒーター抵抗 Vh > 15V である場合のヒーター抵抗

WXT536、WXT535、WXT533、WXT532

15 57
WXT531 27

瞬間電流は、ヒーター電圧によって異なります。電源を選択するときには、瞬間電流を考慮に入れる必要があります。平均ヒーター電力およびヒーター性能は、ヒーター電圧に依存しません。

ヒーター機能を無効にすると、ヒーターは条件に関係なく常にオフになります。

ヒーターを有効にしていても、雪の付着によって一時的に風向風速計測に問題が生じることがあります。