連続計測(aR) - WXT530

WXT530 シリーズ ユーザーガイド

Document code
M211840JA
Revision
F
Language
日本語 (日本)
Product
WXT530
Document type
取扱説明書

aMaMCaCaCCaD コマンドを使用して 2 段階に分けて要求する代わりに、aR コマンドを使用してすべてのパラメータをすぐに要求できるようにデバイスを構成することができます。

その場合、取得されるパラメータ値は、内部で最後に更新されたデータになります。更新間隔の設定方法については、センサの設定とデータメッセージの書式を参照してください。

WXT530 シリーズのすべてのパラメータ(風向風速、PTU、降水、およびスーパーバイザー)について連続計測コマンドを使用できるようにするには、個々のプロトコル(aXU,M=R)を選択する必要があります。

M=S を選択する場合は、aMaMCaCaCC、および aD コマンドを使用する必要があります。降水データに限り、(aR3 コマンドを使用して)連続して取得することができます。

コマンド書式:

aRx!
a デバイスアドレス
R 連続計測開始コマンド:
x 計測を行う目的のセンサ:
1 = 風向風速
2 = 温度、湿度、気圧
3 = 降水
5 = スーバーバイザー
x を省略すると、結合データメッセージが参照されます。結合データメッセージは、単一のコマンドで複数のセンサからデータを要求する場合に使用されます。
! コマンド終端文字列

応答:

a+<data fields><cr><lf>
a デバイスアドレス
<data fields> '+'記号(パラメータ値がマイナスの場合は'-'記号)で区切られた、選択した単位で表された計測パラメータ。1 つの要求で計測できるパラメータの最大数は 15 です。
<cr><lf> 応答の終端文字列

例(デバイスアドレス 0):

0R1!0+323+331+351+0.0+0.4+3.0<cr><lf>

0R3!0+0.15+20+0.0+0.0+0+0.0+0.0+0.0<cr><lf>

0R!0+178+288+001+15.5+27.4+38.5+23.9+35.0+1002.1+0.00+0+0.0+23.8<cr><lf>