屈折計とフローセルの設置 - PR53

PR53GC 設置ガイド

Document code
M212931JA
Revision
B
Language
日本語
Product
PR53
Document type
取扱説明書
設置前に、設置場所を慎重に計画します。設置場所の選択を参照してください。
  • 溶接機器
  • フローセル
  • フランジ(2個)
  • フランジボルト
  • ガスケット(2個)
  • Oリング
  • クランプ
  • 17mmレンチ(クランプボルト用)
本説明に従って、屈折計とフローセルを設置します。この手順の画像は、実際のプロセスに設置するフローセルとは異なる場合があります。
  1. プロセスラインが減圧されていることを確認します。
  2. 材質とシステムの要件に従って、フランジをプロセス配管に溶接します。
  3. 漏れを防ぐために、フローセルの洗浄システム接続部が適切に塞がれていることを確認します。
  4. ガスケットを使用してフローセルを取り付けます。入手したボルトの強度区分に従ってフランジボルトを締め付けます。
  5. Oリングを取り付け、クランプボルトを17mmレンチで44Nmで締め付けます。屈折計のケーブルグランドが下向きになっていることを確認します。
  6. 屈折計がしっかりと固定されており、過剰な振動がないことを確認します。必要に応じて配管を支持します。