Insight PCソフトウェアの概要 - INDIGO201 - INDIGO200SERIES - INDIGO200

Indigo201 クイックガイド

Document code
M212815JA
Revision
A
Language
日本語 (日本)
Product
INDIGO201
INDIGO200SERIES
Content type
製品概要
製品概要 > 機能
製品概要 > 特長
Document type
取扱説明書
図 1. Indigo200変換器と接続されているセンサプローブを表示するInsightソフトウェアのメインメニュー画面
1
を選択すると、以下のInsightのメインメニューにアクセスできます。
  • デバイスの設定:ディスプレイとグラフのオプション、出力とリレーの設定、パラメータと単位の選択、環境補正の設定、フィルタリング係数、センサプローブオプション、一般設定。
  • エクスポート設定:機器設定のテキスト形式のエクスポートファイルの作成。
  • 校正:接続されているプローブの計測値の校正と調整、出力の調整、調整データの表示、および工場調整の復元のためのオプション。
  • 変換器とセンサプローブの各種リセット、工場出荷時設定、再起動オプション。
  • デバイスについて:シリアル番号やソフトウェアバージョンなどの一般的な機器情報。
2
を選択し、ユーザーモードの切り替え(基本モード詳細モード)、パラメータの単位(メートル法/非メートル法)の変更、制限された機能にアクセスするためのファクトリコードの入力、Insightソフトウェアに関する情報の表示などを行います。
3
監視では、選択したパラメータの監視および記録、監視データのCSV(カンマ区切りフォーマット)ファイルでのエクスポートのオプションがあります。
4
機器情報メニューには次のタブがあります。
  • 計測:パラメータドロップダウンの選択肢がある計測グラフ表示。
  • 校正情報:保存されている最新の校正に関する読み取り専用情報。
  • 診断:機器のステータスに関するトラブルシューティングおよび管理情報。また、機器エラーログおよびその他の診断情報のファイル(CSV/ZIP)をエクスポートするためのオプションも含まれています。ヴァイサラのサポートに問い合わせる際、サポートリクエストにエラーログの最新のエクスポートファイルを含めることをお勧めします。