配線オプション - INDIGO201 - INDIGO200SERIES

Indigo201 クイックガイド

Document code
M212815JA
Revision
A
Language
日本語 (日本)
Product
INDIGO201
INDIGO200SERIES
Content type
製品概要
製品概要 > 機能
製品概要 > 特長
Document type
取扱説明書
図 1. Indigo200配線オプション
1
背面から配線:シールを切って開き、変換器基板の背面にある溝にケーブルを入れ込みます
2
変換器の底部にあるゴム製の導入口から配線
  1. 入力/出力ケーブルを変換器の背面から配線するには、以下の手順に従います。
    1. ケーブルがちょうど通るように、必要な分だけ変換器基板のシールを切り落とします。
    2. シールの切り込みにケーブルを通します。
    3. 図 1のように、変換器基板の背面にある溝の中にケーブルを入れ込み、必要に応じて負荷を緩和するケーブルグランドを取り付けます。
      注意 変換器のIP定格を維持するには、変換器の背面を設置面に対して平らに置く必要があります。必ずケーブルを背面の溝の内側に入れ込んだ状態に保ち、ケーブルが変換器の背面を押し出して設置面から離れることがないようにしてください。
    4. 背面からのみ配線する場合は、底部にある他の導入口に栓をするか密封します。
  2. 入力/出力ケーブルを底部にあるゴム製の導入口から配線するには、以下の手順に従います。
    1. 入力/出力ケーブルを導入口から押し込みます。
    2. 導入口には負荷を緩和し、ケーブルを所定の位置に保持する機能があります。締め付ける必要はありません。
    ゴム製導入口を介した配線に推奨されるケーブル直径は7〜8mmです。別のケーブルサイズを使用する場合は、想定どおりケーブルへの負荷が緩和されているかテストしてください。