DMP7 プローブ - DMP6 - DMP8 - DMP5 - DMPX - DMP7

DMPシリーズ クイックガイド

Document code
M212356JA
Revision
C
Language
日本語
Product
DMP6
DMP8
DMP5
DMPX
DMP7
Document type
取扱説明書
図 1. DMP7寸法

ヴァイサラ DRYCAP® DMP7露点プローブは低露点環境における計測に適した設計です。プローブの短さにより、半導体製造機器などスペースに制約がある場所での設置に最適です。その他、工業用乾燥工程、圧縮空気システム、ドライルーム、金属熱処理におけるブランケットガスなどの用途にも対応できます。

  • プローブヘッドの動作温度範囲:−40~+80°C
  • プローブ本体の動作温度範囲:-40~+80°C
  • プローブヘッドの動作圧力範囲:0~10bar
図 2. Swagelok®取り付けキットを使用したDMP7のパイプラインへの取り付け.

Swagelok®フィッティングを適切に締め付ける手順については、Swagelok取り付けキットに付属されている取り付け手順を参照してください。フィッティングを締め付けすぎると、プローブヘッドが損傷する可能性があることに注意してください。

1
最大プロセス圧力10bar、最高温度+80°C
2
プローブヘッド
3
ダクトコネクタ
4
ISO1/2"、ISO3/8"、またはNPT1/2"ネジ
5
スウェージロックフィッティング
6
フェルール

大気圧とは異なる圧力のプロセスに取り付けた場合、プローブの圧力補正設定に正しい圧力を入力します。これにより、プローブは圧力補正を適用し、適切な計測結果が得られます。