プロセスへのボールバルブキットの取り付け - DMP8 - DMPX - DMP7 - DMP5 - DMP6

DMP5、DMP6、DMP7、DMP8 クイックガイド

Document code
M212356JA
Revision
B
Language
日本語 (日本)
Product
DMP8
DMPX
DMP7
DMP5
DMP6
Document type
取扱説明書
1
ボールバルブハンドル:取り付け時には、ボールバルブ本体と同じ向きを指している必要があります。
2
延長ニップル、ネジ G1/2 ISO228/1 および R1/2 ISO7/1。
3
ボールバルブ本体。締め付けるときには、必ずボールバルブ本体を回してください。
4
ボールバルブのボール。
5
溶接ジョイント、ネジ R1/2 ISO7/1。
  1. 溶接ジョイントをプロセス配管またはチャンバーに、溶接します。
  2. シーラント(MEGA-PIPE EXTRA No. 7188 または LOCTITE® No. 542 と硬化促進剤 No. 7649)を溶接ジョイントのネジ部に塗布し、ボールバルブの基部を溶接ジョイントにねじ込みます。
  3. ボールバルブ本体を回し、締め付けます。
    注意 延長ニップルを回してボールバルブを締め付けると、シーリングを破損することがあります。ボールバルブを締め付けるときには、必ずボールバルブ本体側を回してください。
  4. プローブを取り付ける前または取り外した後にボールバルブにキャップを取り付ける必要がある場合、ブランクナットを取り付けてバルブの上部を閉じてください。