DMP8 プローブ - DMP8 - DMPX - DMP7 - DMP5 - DMP6

DMP5、DMP6、DMP7、DMP8 クイックガイド

Document code
M212356JA
Revision
B
Language
日本語 (日本)
Product
DMP8
DMPX
DMP7
DMP5
DMP6
Document type
取扱説明書
図 1. DMP8 の寸法

ヴァイサラDRYCAP® 露点プローブ DMP8は、工業用乾燥工程、圧縮空気システム、半導体産業など、産業用の低露点環境における計測に適した設計です。1/2" NPTまたは 1/2" ISO ネジに取り付けることができ、挿入長が調節可能です。

オプションのボールバルブ取り付けキットを使用すれば、高圧のラインにおけるプロセス稼働中でのプローブ着脱が可能になります。

  • プローブヘッドの動作温度範囲:−40~+80°C
  • プローブ本体の動作温度範囲:-40~+80°C
  • プローブヘッドの動作圧力範囲:0〜4MPa(0〜40bar)
図 2. DMP8 プローブヘッド
1
袋ナット、24mm 六角ナット
2
フィッティングボディ、27mm 六角ヘッド
3
リークスクリュー(ISO 1/2" フィッティングボディ HM47432 のみ)
プローブヘッドを加圧プロセス、またはプロセスパイプに直接取り付けることができない場合は、リークスクリュー付きのフィッティングボディが便利です。プローブがプロセスに直接取り付けられていませんが、プロセスからのわずかのサンプルガスがリークスクリューを通って大気圧下へ流れ出すため、短い応答時間でサンプル計測が可能です。
図 3. フィッティングボディのプロセスへのシーリング
1
24mm 六角ナットおよびテーパーネジ付きのフィッティングボディ
2

適切なスレッドシーラント剤でシールします。たとえば、LOCTITE® No. 542 と硬化促進剤 No. 7649、MEGA-PIPE EXTRA No. 7188、または PTFE テープを使用します。

シーラント剤メーカーの取扱説明書に従ってください。

PTFE テープは部品同士を固定しません。プローブの袋ナットを締めたり緩めたりするときは、2 本のフォークレンチ(24mm および 27mm)を使用します。