ダクトへの取り付け - HMD65 - HMD60

HMD65 クイックガイド

Document code
M212264JA
Revision
B
Language
日本語 (日本)
Product
HMD65
HMD60
Document type
取扱説明書
  • 取り付けネジと蓋のネジ用の中型プラスドライバー。
  • ネジ端子用の小型マイナスドライバー。
  • 取り付け穴をあけるためのドリルと3.5mm(0.14インチ)と13~15mm(0.51~0.59インチ)のビット。
  • 配線を切断したり被覆を剥いだりするための工具。
図 1. 穴あけおよび取り付けネジ
  1. ダクトの表面上で変換器の取り付け場所を選択し、ドリルでプローブ挿入用のØ 13~15mm(0.51~0.59インチ)の穴をあけます。
  2. 変換器本体がダクトに当たるまで、プローブをダクトの穴に押し込みます。
  3. Ø 3.5mm(0.14インチ)のネジ2本で変換器本体をダクトに固定します。
    取り付け穴に絶縁リングがしっかり当たっていることを確認します。取り付け穴が確実に密封されていないと、ダクトに負圧が発生した場合にダクトに外気が流れ込み、測定に影響を与える可能性があります。
  4. オプション: 変換器の取り付け穴から約30cm(12インチ)離れた場所に、ドリルを使って基準測定用の別の穴をあけます。「図 1」を参照してください。
  5. 変換器本体の2本の拘束ネジを緩め、蓋を取り外します。
  6. 入力/出力配線を変換器の基板のネジ端子に接続します。「配線」を参照してください。配線が完了したら、ケーブルグランドを固く締め付けます。
  7. DIPスイッチとトリマーが正しい位置にあることを確認します。DIPスイッチおよびトリマーの詳細については、「変換器基板」を参照してください。
  8. 変換器の蓋を閉じ、変換器の電源入力をオンにします。