ダクト取り付けの概要 - HMD65 - HMD60

HMD65 クイックガイド

Document code
M212264JA
Revision
B
Language
日本語 (日本)
Product
HMD65
HMD60
Document type
取扱説明書
図 1. ダクト取り付けの概要
1
加湿器がある場合、プローブ本体と少なくとも5m(16.5ft)以上の距離をおいてください。
2
変換器を取り付ける際は、取り付け穴から気流の向きに約30cm(12インチ)離れた場所にドリルを使って別の穴をあけ、取り外し可能なシールで塞ぎます。この2つ目の穴は、後で変換器を校正または調整する際に他のデバイスを使用して基準測定を行うために使用します。
3
プローブ本体に対してダクトの直径が適切であることを確認します(「変換器の寸法」を参照)。センサ(プローブヘッド)の取り付け位置がダクトの中央にくることが理想です。
4
最大気流速度: 50m/秒(焼結フィルタ使用)
5
溜りができる突出部分に変換器を取り付けないでください。気流がない場所では過飽和が発生する可能性があります。
6
プローブを下向きに取り付けないでください。プローブが下を向いていると、結露がプローブ本体を伝ってセンサに上に落下する可能性があります。
7
センサができるだけダクトの中央に近づくように、プローブを90°の角度で取り付けてください。
注意 ダクト内のセンサ上に結露が落下する可能性がある場所には取り付けないでください。