入力および出力 - HMD65 - HMD60

HMD65 クイックガイド

Document code
M212264JA
Revision
B
Language
日本語 (日本)
Product
HMD65
HMD60
Document type
取扱説明書
表 1. HMD65入出力
特性 仕様
アナログ出力
  • RH出力、1個1(0~10V)
  • T出力、1個(0~10V)
  • 負荷抵抗: 10kΩ
デジタル出力(RS-485) 絶縁、Modbus RTUおよびBACnet MS/TPプロトコルをサポート
BACnet MS/TP アドレスレンジ: 0~127(マスター方式のみ)
Modbus RTU アドレスレンジ: 1 … 247

供給電源

電気を安全に使用するために、過負荷保護機能付きの電源を使用することをお勧めします。

15~35VDC

16~24VAC

消費電力 1.0W(標準、ACおよびDCの両方)
サービスポートコネクタ MI70ハンディタイプ指示計接続用(ケーブルアクセサリ219980SPが必要)またはVaisala Insight PCソフトウェアのケーブル接続用(USBケーブルアクセサリ219690が必要)のM8 4ピンオスコネクタ2
ケーブル導入口
  • M16x1.5導入口、Vaisalaから入手できるオプション:
    • ケーブルグランドM16x1.5(ヴァイサラ注文コード: 254280SP)。これは、変換器に付属している初期設定のオプションです。
    • 導管取り付け具M16x1.5、½”NPT(ヴァイサラ注文コード: 210675SP)
  • 代替M20x1.5導入口
ネジ端子の配線サイズ 0.5 ...2.5mm2
注意 ユニットを改変したり、本書に記載されていない方法で使用したりしないでください。不適切な改変は、安全上の問題や機器の損傷に加えて、仕様に準じた動作が行われなくなったり、機器の寿命が短くなったりする原因となる場合があります。
1 HMD65で利用可能な計測パラメーターには、Td、Tdf、A、X、Tw、Hなどがあります。
2 Windows用Vaisala Insightソフトウェアは、www.vaisala.co.jp/insightで入手可能です。