モジュールの取り付け - HMM170

HMM170 クイックガイド

Document code
M212260JA
Revision
D
Language
日本語 (日本)
Product
HMM170
Document type
取扱説明書
図 1. HMM170 回路基板
1
サービスポート(一時接続、USB ケーブル経由で Vaisala Insight ソフトウェアを使用)
2
RS-485(Modbus)デジタルポート
3
LED インジケーター
4
接地点
5
グレー部分の取り付け穴は、HMM100 湿度変換モジュールの取り付け穴と一致
6

電源入力(12~35VDC 1 または 24VAC ±10%)

7
アクティブなアナログ出力(0/4~20mA、1~5V、0~5/10V)
8
外部パージトリガー(閉の場合にパージを起動)
警告 通電していない配線のみを用意または接続するようにしてください。
注意 静電気放電(ESD)は、電気回路の損傷、または潜在的損傷の原因になる可能性があります。取り付けおよびメンテナンス時には、部品の露出した接点に触れないようにしてください。
  1. モジュールにはスタンドオフ一式が付属しています。使用する取り付け穴を選択し、設置面の対応する箇所にスタンドオフを取り付けます。GND のマークの付いた取り付け穴は常に使用してください(モジュールの接地点であるため)。
    付属品以外のスタンドオフも、設置高さが 6mm 以上になるものであれば使用できます。
  2. モジュールをしっかりと取り付けます。
  3. モジュールが接地点から適切に接地接続されていることを確認します。
  4. 電源入力端子と信号出力端子に配線を接続します。
  5. (任意)外部パージトリガー端子に配線を接続します。
1 結露防止およびケミカルパージ機能には、少なくとも 18VDC が必要。