ケミカルパージ - HPP272 - HPP271

HPP271/HPP272 クイックガイド

Document code
M211887JA
Revision
D
Language
日本語 (日本)
Product
HPP272
HPP271
Document type
取扱説明書

ケミカルパージはセンサを加熱して汚染を除去する 4 分間のプロセスです。パージは、過酷な H2O2 環境下でプローブの性能と精度を長期的に維持するために不可欠です。パージの最中には H2O2 と H2 計測は利用できません。

パージは以下のタイミングで自動的に実行されます。
  • プローブの起動時。
  • H2O2 向け RH 調整の実施後。
  • 一定間隔で(初期設定では 24 時間。Vaisala Insight ソフトウェア、Modbus、または Indigo 変換器を使用して 1 時間から 1 週間まで設定できます)。H2O2 が存在するか周囲湿度が安定しない場合、パージは 30 分ずつ延期されます。
必要に応じて、H2O2 暴露の間にも、Insight PC ソフトウェアまたは Indigo 変換器を使用してパージをオンにできます。

パージは、プローブが H2O2 に常にさらされていなかったとしても、電源オン時に少なくとも 24 時間ごとに実行することが推奨されます。

オプション: 必要に応じて、Vaisala Insight ソフトウェア、modbus(デジタルモード)または M12 コネクタの 5 番ピン(アナログモード)を使用して、いつでも手動でパージを実行することもできます。

ケミカルパージの詳細については、www.vaisala.com/HPP270で入手可能な HPP271 ユーザーガイド(英語版 M211888EN)および HPP272 ユーザーガイド(英語版 M211972EN)を参照してください。

オプション: アナログモードでの手動によるパージの実行

アナログモードでパージを実行するには、5 番ピンをアースから 50ms 以上の間切り離し、それからアースに再接続します。

アナログモードでは、プローブの M12 コネクタにある 5 番ピンはアースに接続されています。5 番ピンをアースに永続的に接続せずに、リレーなどを使用してピンを制御してください。
図 1. アナログモードで手動によるパージの実行を可能にするための配線例