TMP115 プローブの取り付け - RFL100 - TMP115

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書
図 1. TMP115 プローブ.

TMP115 は過酷な条件下での計測用の広範囲温度専用プローブです。プローブ本体は RFL100 と一体化させたり、ケーブルで接続したりすることができます。センサ先端は細いケーブルでプローブ本体に恒久的に接続されています。長さ 50cm および 3m のタイプをご用意しています。

1
プローブホルダーを使用する場合は、この溝に揃えます。
2
RFL100 と一体化されているときにプローブ本体を所定の位置にロックするプラスチックスリーブ。この部分の径は 14mm です。
3
計測電子機器を搭載したプローブ本体。ケーブルタイを使用する場合は、この部分から取り付けます。この部分の径は 12mm です。動作温度範囲は -40~+60°C です。
4
センサケーブル。切断したり、きついループ状に曲げたりしないでください。プローブスプリッターアクセサリに付属の番号ラベルは、このケーブルに取り付けられるよう設計されています。
5
センサ先端、直径は 4.8mm。ケーブルタイを使用して固定するか、熱緩衝ブロックに挿入して熱質量を増やします。CO2 プローブと一緒に使用する場合は、プローブサポートアクセサリに挿入します。動作温度範囲は -196~+90°C です。
注意

センサ先端の動作温度範囲は、プローブ本体の動作温度範囲よりもはるかに広範囲です。可能な場合はプローブ本体を計測環境の外に置きます。動作範囲外の環境にプローブ本体を挿入しないでください。

極寒の状況で機器を扱う場合は、断熱性の手袋や衣服などの適切な個人用保護具を使用してください。液体窒素などの冷却液を扱う場合は、保護ゴーゴルを着用し、安全な取り扱いと保管に関する注意事項に従ってください。