サービスポート - RFL100

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書

データロガーのサービスポートにより、デバイスのファームウェアの更新など、無線では実行できないサービス作業を実行するためのローカルインターフェースが提供されます。サービス作業はメディア転送プロトコル(MTP)を使用するファイル転送に基づいて行われるため、特別なソフトウェアは必要ありません。サービスポートコネクタは、標準の micro-USB コネクタです。

サービスポートはデータロガーへの動作電力の供給に使用できます。表 8に記載の要件を満たす電源を使用してください。

データロガーが始動している場合は、サービスポートを介して外部電源が供給されている場合でも、必ず十分な電圧のバッテリをデータロガー内の所定の位置に取り付ける必要があります。

注意 外部電源を使用する場合、メインバッテリの放電は非常にゆっくりになります。アルカリ電池を入れたまま長期間放置すると、液漏れすることがあります。外部電源を使用する場合は、必ずアルカリ電池の代わりに互換性のある 1.5V リチウム電池を使用してください。