CO2 プローブが接続されている場合のプローブの交換 - RFL100 - GMP251

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書
  1. データロガーのサービスポートから電源を切り離します。
  2. データロガーを取り付けブラケットから取り外します。
  3. データロガーのバッテリカバーを開きます。
  4. 電源スイッチを Off 位置にします。
  5. CO2 プローブを交換します。
    1. プローブスプリッターにある M12 コネクタのロックリングを緩め、古いプローブをコネクタから引き抜きます。
    2. 新しい CO2 プローブを接続し、ロックリングを締めます。
  6. プローブスプリッターの M8 コネクタに接続されている 2 つ目のプローブを交換する場合は、この時点で交換します。データロガーが CO2 モードの場合、両方のプローブを同時に交換できます。
  7. 電源スイッチを On 位置にします。
  8. ディスプレイを見て、データロガーが起動するまで待ちます。数秒後にプローブ交換の影響を受けたチャネルに[NEW]と表示されます。CO2 プローブのウォームアップを 30 秒待ち、ディスプレイにダッシュやエラーコードではなく計測値が表示されていることを確認します。
  9. データロガーのバッテリカバーを閉じます。カチッという音がするまでラッチを押し下げます。カバーを閉じにくい場合は、プローブ(または延長ケーブル)を押し込んで、もう一度試してください。
  10. データロガーを取り付けブラケットに元どおり挿入します。
  11. 電源をデータロガーのサービスポートに再接続します。