1 つの湿度または温度プローブの交換 - HMP115 - TMP115 - HMP115T - RFL100 - HMP110 - HMP110T

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書
  1. データロガーを取り付けブラケットから取り外します。
  2. データロガーのバッテリカバーを開きます。
  3. 電源スイッチを Off 位置にします。
  4. 固定プローブ(ケーブルを使用せずに RFL100 に直接接続されたプローブ)を交換します。
    1
    データロガーの向きを示すマーク
    2
    プローブの向きを示すマーク
    1. 古いプローブをフィルターの上から持ち、もう一方の手でデータロガーを保持します。プローブをデータロガーからまっすぐ引き抜きます。プローブを回転させないでください。
    2. 新しいプローブの向きを示すマークをプローブコネクタの上の線に揃えます。プローブを奥までまっすぐ押し込みます。回転させないでください。
  5. ケーブル接続プローブを交換します。
    1
    プローブケーブルまたはプローブスプリッターのロックリング
    1. プローブケーブルの端部にあるコネクタのロックリングを緩め、古いプローブをコネクタから引き抜きます。
    2. 新しいプローブを接続し、ロックリングを締めます。
  6. 電源スイッチを On 位置にします。
  7. ディスプレイを見て、データロガーが起動するまで待ちます。

    データロガーでプローブの交換が検出されると、影響を受ける各チャネルに[NEW]と表示されます1。このテキストが数秒間表示された後、ディスプレイに計測値が表示されます。ダッシュやエラーコードではなく、計測値がディスプレイに表示されていることを確認します。

  8. データロガーのバッテリカバーを閉じます。カチッという音がするまでラッチを押し下げます。カバーを閉じにくい場合は、プローブ(または延長ケーブル)を押し込んで、もう一度試してください。
  9. データロガーを取り付けブラケットに元どおり挿入します。
1 この機能は RFL100 ファームウェアバージョン 1.2.0 以降に搭載されています。