アラームインジケーター - RFL100

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書
図 1. RFL100 ディスプレイのアラームインジケーター
1
チャネル 1 のアラームインジケーター
2
チャネル 2 のアラームインジケーター
表 1. アラームマーク
ディスプレイ上のマーク 内容
高-高しきい値アラームがアクティブです。
高しきい値アラームがアクティブです。
このチャネルでしきい値アラームがアクティブな場合、アラームベルマークが常に表示されます。
低しきい値アラームがアクティブです。
低-低しきい値アラームがアクティブです。

RFL100 では、アクティブなしきい値アラームがローカルディスプレイに表示されます。RFL100 でしきい値アラームがアクティブになると、該当するアラームインジケーターがディスプレイに表示されます。また、高-高しきい値アラームと低-低しきい値アラームの場合、LED が赤く点滅します。

しきい値アラームは RFL100 自体にローカルで設定することはできません。アラームは viewLinc Enterprise Server ソフトウェアを使用して設定します。しきい値アラームテンプレートをロケーションに適用すると、該当のロケーションにリンクされたデータロガーにアラームを表示することを選択できます。アラームを表示するには、[デバイスに送信]設定を有効にしてから、RFL100 にアラームを生成する各しきい値について[デバイス上のアラーム]を有効にします。

RFL100 では、1 つのチャネルに対して一度にアクティブにできるしきい値は 1 セットのみです。最新の設定がデバイスにプッシュされると、前の設定が置き換えられます。以前に送信されたしきい値アラームの[デバイスに送信]設定は自動的に[いいえ]に設定されます。

RFL100 では viewLinc しきい値アラームの[アラーム遅延]設定と[アラームオフマージン]設定は実行されません。RFL100 のローカルアラーム状態は、計測値がしきい値を超えるとすぐに変更されます。