問題の状況 - RFL100

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書
表 1. トラブルシューティング一覧表
問題 考えられる原因 解決方法
ディスプレイに 1 つ以上のエラーコードが表示される。 さまざまな原因。 エラーコードの意味を確認し、それに応じて解決を試みます。「エラーコード」を参照してください。
データロガーの起動時に CO2 計測値ではなくダッシュ[- - -]が表示される。 CO2 プローブの起動遅延。 これは正常です。CO2 の計測値が表示されるまで待ちます。
新しい RFL100 データロガーをシステムに追加しても、viewLinc に[New Device]と表示されない。 RFL100 が、設置モードがオンで、データロガーを追加できる容量(各 AP10 につき最大 32 台)がある AP10 の範囲外にある。 データロガーから 100m 以内にあり、データロガーを追加できる容量がある AP10 の設置モードをオンにします。
viewLinc に接続されていない AP10 に RFL100 が接続されている。

次の点を検証します。

  • AP10 はネットワークに接続され、IP アドレスが割り当てられている。
  • AP10 は、正しい viewLinc Enterprise Server に接続されるよう設定されている。
  • AP10 は viewLinc に正しく接続されている。
RFL100 が以前に別の viewLinc システムに受理されていた。 RFL100 の Release ボタンを押して、[NWK REL]というメッセージが画面に表示されることを確認します。これで、RFL100 は設置モードである AP10 に接続することができます。
RFL100 は AP10 に接続しているが、viewLinc システムに受理されていない。AP10 は範囲外であるが、RFL100 のシステムへの受理が保留されているため、別のアクセスポイントに変更できない。
RFL100 の電源が自動的にオフになる。 RFL100 のディスプレイと LED が、viewLinc Enterprise Server を使用してリモートでオフにされている。データロガーのその他すべての機能はアクティブなままである。

viewLinc Enterprise Server の[ホストとデバイス]ツリーから設定を変更できます。

RFL100 を新しい viewLinc モニタリングシステムに接続し、ディスプレイと LED を再度オンにする場合は、RFL100 の Release ボタンを押し、画面に[NWK REL]というメッセージが表示されるのを確認します。

メインバッテリが空になっている。 メインバッテリを交換します。「RFL100 バッテリの交換」を参照してください。