校正および調整の環境 - RFL100

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書

計測プローブは動作範囲内にある環境で校正することができます。たとえば、TMP115 プローブからの出力は、-196~+90°Cの範囲の任意の温度で確認し比較することができます。ただし、プローブの精度が高い条件下では、プローブの調整のみを実施してください。調整するプローブの精度の仕様を参照してください。調整点が不適切な場合、プローブの調整は受け入れられません。

湿度と湿度が安定するまで時間がかかるため、調整手順は各調整点について 30 分以上かかると想定する必要があります。

極寒の状況で機器を扱う場合は、断熱性の手袋や衣服などの適切な個人用保護具を使用してください。液体窒素などの冷却液を扱う場合は、保護ゴーゴルを着用し、安全な取り扱いと保管に関する注意事項に従ってください。