リモート管理 - RFL100

RFL100 ユーザーガイド

Document code
M211861JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RFL100
Document type
取扱説明書

RFL100 データロガーが viewLinc モニタリングシステムに受理されると、viewLinc Enterprise Server ソフトウェアを使用してリモートで管理できます。リモート管理操作は、[サイト マネージャー > ホストとデバイス]ツリーから直接実行できます。

図 1. viewLinc Enterprise Server を使用した RFL100 のリモート管理

リモートで管理可能な設定にアクセスするには、[構成 > プロパティの編集]を選択します。

図 2. viewLinc の RFL100 デバイスプロパティ

RFL100 のローカルアラームもリモートで管理できますが、方法は異なります。「アラームインジケーター」を参照してください。

viewLinc により校正期限の 3 か月前と 1 か月前、および期限当日に再度、校正リマインダー通知が自動的に発行されます。これらのリマインダーは、データロガーでローカルには表示されません。