工場出荷時の設定へのリセットの実行 - AP10

AP10 取扱説明書

Document code
M211860JA
Revision
J
Language
日本語
Product
AP10
Document type
取扱説明書
  • ペンまたは小型のマイナスドライバー

工場出荷時の設定へのリセットでは、AP10 のすべてのユーザー設定と診断データがクリアされます。ファイルシステムの破損が原因でアクセスポイントが起動しない場合にもこの操作が必要です。

現在このアクセスポイントに接続しているすべてのデータロガーの接続が切断されます。データロガーはシステムに自動的に再追加されますが、viewLinc Enterprise Server への接続は一時的に中断されます。

  1. AP10 の電源が入っていない場合は、ネットワークに接続し、DC 電源を使用して電源を入れます。起動が完了するまで待ちます。
  2. Web インターフェースを使用して AP10 から診断データファイルをダウンロードします。データファイルは、ヴァイサラのサポートが AP10 に関連する問題を診断および解決する場合に役立ちます。
    1. AP10 の Web インターフェースにログインします。「Web インターフェースへのアクセス」を参照してください。
    2. [AP10 のメンテナンス > サポート] を選択します。
    3. [ダウンロード] を選択し、データパッケージをダウンロードします。
  3. AP10 には、[Reset] というマークが付いた小さなボタンがあります。ペンまたは小型のマイナスドライバーを使用して、そのボタンを長押しします。AP10 がリセットされます。そのボタンを押し続けます。
  4. [Performing factory reset...] というテキストが表示されたら、ボタンを放します。
  5. AP10 の起動が完了するまで待つと、インストールウィザードが表示されます。
  6. 工場出荷時の設定へのリセット後、AP10 の使用を開始する前に、タッチパネルインターフェースを使用してインストールウィザードを完了します。