VaiNetセグメントの説明 - AP10

AP10 取扱説明書

Document code
M211860JA
Revision
J
Language
日本語
Product
AP10
Document type
取扱説明書

VaiNetセグメンテーション機能は、ローカルVaiNet無線ネットワークをセグメントに分割するために使用されます。各セグメントには、VaiNetチャネルごとに1つずつ、最大8つのアクセスポイントを設定できます。セグメントは最大4つ作成でき、文字A~Dを使用して識別します。

セグメンテーションを使用することで、大規模なVaiNetネットワークを構築する際に、次のような大きなメリットが得られます。

  • 各セグメントのVaiNet無線通信のタイミングオフセットが異なるため、無線伝送の重複を大幅に低減できます。
  • データロガーのアクセスポイントの切り替え動作を詳細に制御できます。データロガーは、ホームセグメントのアクセスポイントにのみ接続し、他のセグメントは無視します。

セグメントの構成は、Webインターフェースまたはローカルタッチインターフェイスを使用してアクセスポイント上で行われます。AP10アクセスポイントファームウェアバージョン5.0.0以降、新しいVaiNetセグメント構成パラメータが追加されます。この新しい設定は、VaiNet無線設定の一部です。この設定は必須であるため、すべてのVaiNetネットワークに少なくとも1つのセグメントがあります。各アクセスポイントのセグメントとチャネルの組み合わせは、サイト上で一意である必要があります。

図 1. AP10タッチインターフェースでのVaiNetセグメント設定

データロガーでは、システムへの接続に使用するアクセスポイントによってセグメントが自動的に決定されるため、構成可能なセグメント設定はありません。データロガーが設置モードのアクセスポイントに接続すると、接続しているアクセスポイントのセグメントがそのホームセグメントになります。データロガーは、ネットワークからリモートで解除されるか、[Release]物理ボタンを押さない限り、ホームセグメントにとどまります。たとえば、データロガーがアクセスポイントB1(VaiNetセグメントB、チャネル1)に接続されている場合、現在のアクセスポイント接続が失われた場合にのみ、Bセグメント内の他のアクセスポイントに接続されます。

アクセスポイントのセグメント設定が変更されると、現在接続されているすべてのデータロガーの接続が失われます。データロガーでホームセグメント内の残りのアクセスポイントへの再接続が自動的に試みられます。アクセスポイントの新しいセグメントに移動されることはありません。

すべてのデータロガーが計画したセグメントに確実に割り当てられるようにするには、大規模システムへのデータロガーの設置を一度に1セグメントずつ進める必要があります。

大規模なシステムの設計と設置に関するガイダンスについては、『Guidelines for Large VaiNet Systems (M212596EN)』を参照してください。