AP10ファームウェアの更新 - AP10

AP10 取扱説明書

Document code
M211860JA
Revision
J
Language
日本語
Product
AP10
Document type
取扱説明書

VaiNetデバイスファームウェアの更新の一般原則、ファームウェアの互換性情報、viewLincシステムへの影響を最小限に抑える方法については、docs.vaisala.comで提供されている『Updating VaiNet device firmware in a viewLinc system Technical Note (M212867EN)』を参照してください。

ファームウェア更新ファイルにリリースノートドキュメントが含まれている場合は、開始前にお読みになり、重要な変更点と想定される互換性の要件をご確認ください。

  • 最新のWebブラウザ(Google Chrome™、Microsoft Edge®など)を搭載したパソコン

  • ヴァイサラから入手したAP10のファームウェア更新ファイル

現在このアクセスポイントに接続しているすべてのデータロガーの接続が切断されます。データロガーはシステムに自動的に再追加されますが、viewLincエンタープライズサーバーへの接続は一時的に中断されます。

ファームウェアバージョン5.0.0以降のAP10アクセスポイントがサイトで使用されている場合、そのサイトのすべてのAP10アクセスポイントを、少なくともファームウェア5.0.0に更新する必要があります。これは、VaiNet無線通信のタイミングオフセットの変更によるものです。
図 1. Webインターフェースのファームウェア更新ページ
  1. ファームウェア更新ファイルがZIPパッケージの場合は、パソコンの一時ディレクトリに解凍します。
  2. AP10のWebインターフェースにログインします。「Web インターフェースへのアクセス」を参照してください。
  3. [システムの概要]ビューで、AP10の[ハードウェアバージョン]を確認し、ファームウェア更新ファイルと互換性があることを確認します。
  4. [AP10 のメンテナンス > ファームウェアの更新]を選択します。
  5. 現在インストールされているファームウェアのバージョンを確認します。更新ファイルのバージョンがインストールされているバージョンよりも新しい場合、更新を続行します。
  6. [参照...]を選択し、コンピューター上にあるファームウェアファイルの位置を特定します。
  7. [更新]を選択し、ファームウェアの更新処理を開始します。再び[更新]を選択して、更新を確認します。

    更新は通常15分以内に完了します。更新が完了すると、アクセスポイントが自動的に再起動します。更新中は、アクセスポイントを使用したり、ケーブルを外したりしないでください。

  8. 更新が正常に完了したら、次のようにします。
    1. Webインターフェースに再度ログインします。
    2. [AP10 のメンテナンス > ファームウェアの更新]を選択し、ファームウェアのバージョンが更新されたことを確認します。
    3. アクセスポイントがシステムに対して依然として適切に設定されていることを確認します。新しい設定が使用され、古い設定は変更されている可能性があります。

更新が途中で止まっているように見える場合で既に15分間待機している場合、または更新が失敗したことを示すメッセージを受信した場合(これはネットワーク接続の問題が原因で発生することがあります)、次のようにします。

  1. AP10を再起動し、Webインターフェースに再度ログインします。
  2. [AP10 のメンテナンス > ファームウェアの更新]ページから、現在のファームウェアのバージョンを確認します。ファームウェアのバージョンが更新されていない場合(更新失敗)、更新を再試行します。既に2回試行している場合は、次の手順に進みます。
  3. [AP10 のメンテナンス > バックアップと復元 > バックアップ]を選択して、現在の設定をファイルにバックアップします。
  4. AP10を工場出荷時の設定に戻します。「工場出荷時の設定へのリセットの実行」を参照してください。このようにするとネットワーク設定もリセットされるため、AP10のIPアドレスが変更される場合があることに注意してください。
  5. ファームウェアの更新をもう一度繰り返します。それでも更新が失敗する場合は、ヴァイサラのサポートにお問い合わせください。