AP10のセットアップ - AP10

AP10 取扱説明書

Document code
M211860JA
Revision
J
Language
日本語
Product
AP10
Document type
取扱説明書
1
タッチパネル。
2
イーサネットケーブル。デバイスの定格EMC性能を満たすには、シールドケーブルを使用します。
3
DC電源のケーブル。
  • AP10には、viewLinc Enterprise ServerおよびNTP(Network Time Protocol)サーバーへのネットワーク接続が必要です。また、ネットワークからインターネットにアクセスできる場合、AP10は既定のNTPサーバーを使用できます。

  • 通常、アクセスポイントを設置する前に構成するのが最も簡単です。

  1. イーサネットケーブルをAP10のイーサネットポートに接続します。セットアップ実行時に接続を確認できるように、できるだけviewLinc Enterprise Serverと同じネットワークに接続します。
  2. この時点でAP10を起動した場合、イーサネットケーブルはPoE(Power over Ethernet)を使用して電力を供給するため、個別のDC電源は必要ありません。DC電源が必要な場合は、次のように接続します。
    1. プラグをAP10の電源コネクタに接続します。プラグは、正しい向きで奥まで差し込むようにしてください。プラグを回してロックします。そうしないと、確実な接続が保たれません。
    2. この電源には、コンセント用の複数のアダプターが付属しています。必要なアダプターを接続し、電源をコンセントに差し込みます。
  3. 初めてAP10の電源を入れると、セットアップウィザードが起動します。タッチインターフェースを使用して、ウィザードを完了します。

    以前にセットアップウィザードが完了している場合は、アクセスポイントが起動してホーム画面が表示されます。記号を押して[メール設定]画面を表示し、メニューから設定を確認します。

  4. タッチパネルディスプレイの言語を選択します。選択した言語は、セットアップウィザードを完了した後に使用されます。
  5. AP10がネットワークに参加できるように、ネットワーク設定を構成します。
    • ネットワーク設定を自動的に割り当てるネットワークにアクセスポイントを接続している場合は、[DHCP]を選択します。

    • ネットワークを手動で設定するには、[静的]を選択します。IT管理者から提供された情報を使用し、[AP10 IP アドレス]、[サブネット マスク]、および[デフォルト ゲートウェイ]を入力します。

    DHCPは、ネットワーク設定を割り当てる最も一般的な方法です。IT管理者からの指示がない限り、静的アドレスを使用しないでください。

    多くの企業ネットワークでは、デバイスを接続する前にデバイスを登録する必要があることに注意してください。ネットワークがこれに該当する場合は、アクセスポイントのMACアドレスをIT管理者に提供する必要があります。MACアドレスは、アクセスポイントの前面(イーサネットコネクタの近く)と背面のタイプラベルに記載されています。
  6. アクセスポイントが使用するネットワークタイムプロトコル(NTP)サーバーを構成します。ネットワークにローカルNTPサーバーがある場合は、既定のサーバーの1つをそのIPアドレスまたはホスト名に置き換えます。
  7. デバイスの取り付け計画に応じて、[VaiNetセグメント(A~D)]および[VaiNet チャネル(1~8)]を選択します。
    VaiNetセグメンテーション機能は、ローカルVaiNet無線ネットワークをセグメントに分割するために使用されます。データロガーは、最初に参加したネットワークセグメント内のアクセスポイント間でのみ切り替えることができます。
    • 1~8個のアクセスポイントを持つ標準的な設置では、ネットワークをセグメントに分割する必要はありません。すべてのアクセスポイントをデフォルトセグメント(A)に保持し、それぞれに固有のVaiNetチャネルを割り当てます。これにより、利用可能なアクセスポイントの容量と通信性能が最大化されます。

    • アクセスポイントが8個を超える大規模な設置では、各アクセスポイントにセグメントIDとチャネルIDを一意の組み合わせとなるように割り当ててください。大規模なシステムの設計と設置に関するガイダンスについては、『Guidelines for Large VaiNet Systems (M212596EN)』を参照してください。

  8. viewLinc Enterprise ServerのIPアドレスまたはホスト名を入力します。変更されている場合を除いて、[TCP ポート]は既定の12600のままにしておきます。
  9. 新しいデータロガーのシステムへの接続を開始するには、[インストール モード]を有効にします。
  10. ディスプレイがホーム画面に変わるのを待ちます。

    セットアップウィザードに含まれていないオプション設定がいくつかあります。たとえば、ディスプレイとLEDの明るさを変更したり、ユーザーがパスワードを知らない場合に設定が変更されないようにしたりできます。初期設定のパスワードはap123456です。

  11. すべての設定を行ったら、ホーム画面からアクセスポイントの状態を確認します。アクセスポイントは、ネットワークとviewLinc Enterprise Serverに接続する必要があります。また、新しいデータロガーをシステムに接続する場合は、[インストール モード]を有効にする必要があります。
    注意

    時刻が正確でない場合、アクセスポイントの無線はオンになりません。つまり、時刻をNTP(Network Time Protocol)サーバーと同期するまで、データロガーをアクセスポイントに接続できません。これを実現するには、アクセスポイントが構成済みのNTPサーバーのいずれかにネットワーク接続されている必要があります。既定のNTPサーバーに接続するにはインターネットアクセスが必要であり、UDPポート123へのアクセスポイントの接続をファイアウォールが許可している必要があります。

    AP10が一覧にあるNTPサーバーと時刻を同期している間は、NTP接続エラーが表示され続けます。ソフトウェアバージョン4.0.0以降のアクセスポイントでは、同期に通常1〜2分かかります。