気球操作者への安全指示 - RS41-SGP

RS41-SGおよびRS41-SGP ユーザーガイド

Document code
M211667JA
Revision
G
Language
日本語 (日本)
Product
RS41-SGP
Document type
取扱説明書

この指示事項をコピーし、リストを気球充填室と観測室の見やすいところに張り出してください。

警告 初めての方へ!水素発生器の使用方法と気球の正しい充填方法に関する指示事項をよく確認してください。
  1. 禁煙、火気厳禁。
  2. 静電気発生を防止するため、ナイロンあるいは合成繊維製の衣料を着用しない。ゴム底の靴を履かない。
  3. 保護眼鏡の着用。
  4. ガスチューブがきっちりガスシリンダーあるいはガス発生器ノズルおよび気球膨張ノズルにはまっていることをきちんと確認する。
  5. 気球充填を中断してガスシリンダーを交換する場合、気球充填室内でのガス漏れに注意する。
  6. 修理した気球は使用不可。
  7. 気球膨張時、気球内のガス漏れが止まらない場合は充填室内でガスを流出することは避けること。重量物を積載しない状態で不良気球を放球すること。充填室の外であっても、気球のガス抜きは好ましくない。
  8. 気球頚部を保持する以外には、素手で気球に触れないこと。やわらかい木綿製の手袋を使用すること。
  9. 充填室内には先の尖った物体がないようにすること。釘、フック、ヒンジ、南京錠などは膨張した気球を傷つけるおそれがあり危険である。気球の膜圧は放球以後は0.05~0.1mmで、わずかの傷が早期の破裂原因になる。
  10. 風の強い日は、気球充填時に充填室のドアを必ず閉じること。ただし、充填室の換気は必ず行うこと。
  11. 水素ガス発生器が作動中、あるいは気球充填進行中は、認可されていない人物の入室を禁止すること。
  12. 気球充填に不要なすべての工具、器具は、充填室から取り除くこと。
  13. 電気機器(携帯電話など)を気球充填室に持ち込んだり、水素充填中の気球に近づけたりしないこと。屋外での安全距離は通常1.5mである。
  14. ラジオゾンデは常にガスノズルや膨張した気球の少なくとも50cm下に配置し、ガスシリンダーや水素発生器、コネクターやチューブから少なくとも1.5m以上離しておくこと。できる限りラジオゾンデを気球充填室に持ち込まないこと。
  15. 水素使用の安全に関わるあらゆる規定に準拠すること。