温度計 - HMK15

HMK15 取扱説明書

Document code
M210185JA
Revision
E
Language
日本語 (日本)
Product
HMK15
Document type
取扱説明書

校正器には、赤液棒状温度計と、温度計メーカーによる工場出荷時の校正証明書が付属しています。1

図 1. 温度計スリーブの使用. 温度計の保護チューブの端にあるスリーブは、2つの異なる位置で使用できます。温度計は、毛細管液を含む部分を保護するスリーブ付きで出荷されます(左の画像)。スリーブを逆に回すと(右の画像)、温度計を校正用ボトルフタの13.5mm穴に挿入する場合のアダプタとして機能します。
図 2. 温度計の挿入. 校正中、温度計は校正用ボトルフタの13.5mm穴に挿入されます。Oリングを通過するまで温度計を押し下げます。温度計を押し下げているときに抵抗を感じることができる場合、温度計は正しく配置されています。
図 3. 温度計ホルダーの使用. 温度計を使用していないとき、または校正器の場所を移動するときは、温度計ホルダーに収めます。
1 温度の読み値を調整する際は、赤液棒状温度計と比べて精度と安定性に優れた水銀温度計の使用を推奨します。