メンテナンス - HMK15

HMK15 取扱説明書

Document code
M210185JA
Revision
E
Language
日本語 (日本)
Product
HMK15
Document type
取扱説明書

塩溶液は、その使用頻度と全般的な使用条件によって異なりますが、6~12か月間その特性を維持します。その後は交換が必要です。2~3か月毎に目視点検を行ってください。校正用ボトルの底には少なくとも10%の未溶解塩が必要です(最大90%)。90 %).塩は清潔である必要があります。汚れている場合は交換してください。

LiCl溶液が表面で結晶化していても、表面の下に溶液が残っている場合があります。この場合、溶液をかき混ぜて、翌日もう一度確認してください。

塩溶液を準備したときや、他のメンテナンス手順を実施したときに、日付を記録することをお勧めします。

正しく校正するには、校正用ボトルがしっかりと閉じられていることが不可欠です。塩を交換するたびにOリングを確認してください。損傷している場合、新しいOリングと交換します。

表 1. HMK15で使用されているOリング
Oリングの位置 寸法 種類
Ø12.0mm計測穴 12.0×2.5mm NBR70
Ø13.5mm計測穴 13.5×2.5mm NBR70
DMT132用のISO G1/2"ネジ付きØ14mm計測穴(カスタムフタ) 14.0×2.0mm NBR70
Ø18.5mm計測穴 18.3×2.4mm NBR70
密閉用フタ 41.2×3.0mm NBR70
ボトル 50.0×2.0mm NBR70